事業内容

認定資格制度

仕事に携わる時、資格の所持は個々のスキルについて、何を基準に選ぶかのファースト・インプレッションを優位にします。
それは就職時などの就業企業に対するアピールだけでなく、顧客や見込み客から信頼と安心を戴く為のアピールでもあります。


しかしよく、「取得して、使える資格・使えない資格」と言われます。それは取得して就職する手順を踏む場合です。
当研究所は、会員企業の業務に関わる資格取得をバックアップします。そしてまたその資格は、医学団体がバックボーンであると言うプライオリティを持ちます。
それは、会員企業自体の成長戦略としての資格です。例えばFinancial Plannerは、ソニー生命からスタートし、今では保険業界では必要不可欠な資格になり、保険業界に就職する為には取得しなくてはならない資格に成長しました。つまり認定資格制度は、自社製品に関わる資格制度を共同開発するものです。
例えば、A社が□□□という効果を期待できる○○○と言う健康商材を販売しているとします。そしてA社は、その○○○の販売者に○○○販売士と云った資格を取得させ、専門家として現場に送り出します。
当研究所は○○○販売士 受験セミナーを開催し、資格試験を実施し、認定資格証を交付します。


Ex.
未病改善指導士
音楽療法指導士
インストラクター
ストレス・コントロール指導士
マインドフルネス・メンタルビルドアップ・カウンセラー
FAAPS(前頭部α波パルス光同調装置)インストラクター
………etc.

推奨認定制度

消費者が商品を選ぶのには、購入に至る理由があります。
消費者は何らかの商材を購入する場合、様々な同一商材を比較する中で、購入に至る情報を取捨選択します。それは例えば食材であれば、生産者についての情報であったり、添加物の内容や多寡、製造工程であったりします。健康食品であったら、効果効能についての学術的発表が必要ですし、特保か否かも選択基準になります。 つまり、何を基準に安全を担保するか、何をもって安心を得るかです。


当研究所は、一般社団法人健康促進・未病改善医学会の法人会員で、Positive測定の結果を持って学術的発表を行った企業の商材について、審査委員会を通して製品推奨を行います。対象推奨品には、当研究所の推奨マークをつけることを認めます。
製品推奨は、消費者の選択肢に安心を付加する、シンプルな鉄則です。


製品推奨/Positive測定の結果を持って一般社団法人 健康促進・未病改善医学会 学術総会で発表に至った製品について企業から申し出があった場合は、一般社団法人 健康促進総合研究所 法人会に入会頂き、製品の推奨マークを付与します。
独自に研究して健康促進・未病改善医学会の学会発表に至った場合は、推奨のための適正審査委員会の認可を持って、推奨マークを付与します。


  • 推奨マーク付与に当たっては、販売に係る社員の50%が "未病改善指導士"資格を取得頂くことが条件となります。
  • EXPOへの展示を希望される場合は、特別料金で学会総合ブースを提供します。
  • 各種助成金・補助金申請のアドバイスを行います。

Ex.
脳波測定機シリーズ
デジヴォ
PROUSION関連製品
TBBT施術
………etc.
推奨マーク

助成金申請のお手伝い

製品研究、エビデンス取り、学会発表、EXPO出展などに掛かる経費を捻出するための、助成金取得のお手伝いをします。

助成金は賢く貰うノウハウとシステムがあれば100% 受給できます。
任せてください。 助成金を賢く使いましょう!

学術発表支援

当研究所は、国民の健康寿命延伸、健康促進、未病改善の一助となる、様々な健康関連企業様の製品を世界に送り出す支援、効果効能についての検証の学会発表のお手伝いを致します。